薬用デニーロ 成分

薬用デニーロの成分による効果は?【成分を調査】

薬用デニーロ 成分

 

薬用デニーロは、ニキビ肌に効果があると評判ですが、どのような成分が含まれているのでしょうか?薬用デニーロを試してみたいけれども、どんな成分が含まれているのか不安な方のためにお調べしました。薬用デニーロの成分が気になる方は是非参考にして下さい。

 

薬用デニーロに含まれている主要な成分は?

薬用デニーロには、どのような成分が含まれているのでしょうか?

 

まず、グリチルリチン酸2Kという成分です。これは、敏感肌用のスキンケア商品によく含まれていて、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。これによって、赤みやアレルギーを抑制してくれます。

 

次に、水溶性プラセンタをいう成分です。これは、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富で、肌には欠かせない成分です。

 

プラセンタには、成長因子が含まれていて、これは、年齢によって低下する肌のターンオーバーを正常化してくれます。これによって、メラニンが生成されるのを抑え、ニキビ跡を改善して、シミ・そばかすを防いでくれます。また、ニキビの発生も予防してくれます。

 

この成分によって、炎症を鎮めて、赤みを抑えてくれる効果があります。

 

トリプルヒアルロン酸は、3種類のヒアルロン酸を組み合わせることで、その効果を高めることができます。

 

まず、1つ目は、ヒアルロン酸Naで肌の機能を高めます。保水力が高くて、肌に潤いを与えてくれて、その効果を高めてくれます。粘り気がありますので、肌の表面を覆い、肌の水分や美容成分を外に逃がさないようにしてくれます。

 

2つ目は、アセチルヒアルロン酸Naで、通常のヒアルロン酸よりも保水力が2倍です。肌になじみやすい性質で、潤いをキープしてくれます。

 

3つ目は、加水分解ヒアルロン酸で、浸透効果が高いです。粘り気は弱く、サラリとしていて、肌への浸透力が高いです。角質を柔らかくする効果もありますので、皮脂や角質の除去をしやすいです。このおかげで、透明感のある肌をゲットすることができます。

 

ナノ化セラミドは、セラミドの分子量をさらに小さくして、肌の隅々まで浸透させます。

 

水溶性Vコラーゲンは、外部からの刺激から肌を守ってくれて、保水をすることによって肌の潤いをキープする働きがあります。30歳前後になると、体内でコラーゲンを生成されにくくなりますので、潤った肌をキープするには継続してコラーゲンをとるようにしましょう。

 

トレハロースは天然の糖質で、保湿力があります。乾燥が気になる方には必須の成分であり、乾燥した状態でもしっかりと保湿することができます。敏感肌の方でも肌細胞を保護してくれるので安心して使える成分です。

 

セイヨウナシ果汁発酵液というのは、保湿効果の他に、肌に弾力性を与え、ピーリング効果が期待できます。

 

濃グリセリンは、肌を保湿し、保護してくれる作用があります。肌荒れ対策をしてくれ、副作用もありませんので、安心して使えます。

 

エチルヘキチン酸セチルは、肌の表面を柔らかくしてくれ、潤いをキープしてくれます。

 

その他の成分は?

その他、カモミラエキス、ヒメフウロエキス、アーティチョークエキス、スターフルーツエキスが含まれています。肌を強化する効果が期待できます。

 

>>薬用デニーロの詳細はコチラ


薬用デニーロの公式サイト